マイホームか賃貸のどちらが良いのか?この議論はいつの時代も繰り広げられています。

賃貸派の人は「マイホームは負債だ」「支払い総額で賃貸の方が得だ」などと意見を言ってきますが、実際に建てたことも無い人の意見って重みがないですよね。

確かに、住宅ローンを組めば金利はかかりますし、固定資産税などの税金も支払わなければならなくなります。

私は元々ハウスメーカーの営業マンでしたので、ローンの知識も住宅にかかる税金の知識もありますが、マイホームにお金以上の価値を感じて購入しています。

結論を言うと、"マイホームは買い得"です。

では、具体的に私がマイホームに感じているメリットと、実際に満足している部分について紹介しますね。

元住宅営業が感じたマイホームの4つのメリット

最大のメリットは子供の実家を作れること

住宅営業をやっていた時に、お客様のお子さんを見て「私が売ったこの家が、この子たちの実家になるんだな」とふと思った事があります。

実家というのは、子供にとっていざとなった時に帰ってこれる場所ですから、そう考えると本当に価値のある物です。

例えそれが築30年の家であろうと、家賃がかからない家があるというのは、困ったときに大いに助けられるでしょう。

これが賃貸だった場合はどうでしょう?

子供が出ていったからといって、3LDKから1LDKの家に親が引っ越していた場合、子供は行き場がありませんよね。

私に子供はまだいませんが、生家を作っておこうと思いマイホームを建てました。

支払いを終えれば自分の物になり資産が残る

住宅というのは、新築で建てても資産価値が3割減くらいの評価額になります。

建物だけに3,000万円かけた場合は、新築で2,100万円の評価額となりますから、すぐに900万円の損失です。

ここに住宅ローンの金利も払わなければなりませんから、「マイホームは負債だ」という賃貸派の言いたいことも分からなくもありません。

さらに建物は減価償却していきますから、30年も経てばほとんど価値はなくなります。

しかし、支払いさえ終われば最終的には自分の物になるわけですし、土地の価値というのはそう簡単に落ちるものではないのです。

私は自分で色々と計算した結果、マイホームの方がお得になると判断しましたので、実際に建てていますよ。

マイホームと賃貸の支払い総額を比べてみた記事がありますので、参考にしてみてくださいね。

住宅ローンの団体信用生命保険で自分がもし死んでも家族に家が残る

住宅ローンを組むと、団体信用生命保険という保険に加入させられます。

これはどういう保険かというと、ローンの債務者が亡くなった場合にローンの残高は無しになるというものです。

最近はガンになったらローン残高が無くなる、ガン団信もありますよ。

この保険があることで、もし自分に何かあっても家族にはローン無しの家が残ります。

これってかなりのメリットだと思いませんか?

マイホームでも賃貸でも、月々の支払い額はそこまで大きく変わりませんが、賃貸の場合は自分が亡くなっても家族に家は残りません。

自分に何かあっても家族が困らないで暮らしていけるというのは、マイホームを建てる大きな理由の一つでした。

自分の好きな間取りで家を建てられる(自由設計の場合)

これは自由設計で建築した場合のみのメリットですが、自分の望んでいる間取りで家を建てることが出来ます。

賃貸ではここが気に入らない・・・というポイントも解消出来るのは大きなポイントですね。

自分の家族やライフスタイルに合わせて作った家はかなり便利ですし、私も非常に満足しています。

しかし、これは私が住宅を売る営業マンで、かなりの知識があったからこそ上手くいっている部分は大きいです。

腕の良い営業マンに当たらないと後悔する箇所が出てくることも多々ありますから、完全なメリットとは言えないかもしれません。

スポンサーリンク

いまは低金利で頭金なしでもローンが組める時代です

これは『賃貸とマイホーム購入はどっちがお得?元住宅営業マンが解説します』でも紹介していますが、賃貸派の人たちの意見って「いつの時代の話?」ということが多いんですよね。

"住宅購入には頭金が必要だから、投資をするのに機会損失になる"という意見もあったりしますが、今は頭金なしでもフルローンが組める時代です。

土地にかかる仲介手数料は現金で払わなければなりませんが、それも後から住宅ローンで返ってきますからね。

"住宅ローンは金利がかかるから負債"という意見もありますけれど、今は属性が良ければ金利0.45%~0.6%くらいで変動金利が組めますし、35年固定でも1%程度です。

変動金利であれば、住宅ローン控除で金利分なんてほぼチャラになります。

賃貸より余分に費用がかかるのは固定資産税と老朽化した時のリフォーム代くらいで、今の新築なら外壁や屋根の塗り直しは30年後とかに必要ならやれば大丈夫ですし、内装もリフォームなんてしなくても十分に綺麗な状態で維持出来ますよ。

マイホームを建てると金持ちになれない!という記事もたまに見かけますが、月々の支払いは賃貸でもマイホームでもそこまで変わらないんですから、結局のところ自分が収支をどうコントロールするかに尽きるんです。

まとめ:家族のことを考えるならマイホームは買い得

ロバートキヨサキという人の有名な著書『金持ち父さん貧乏父さん』に、貧乏人は負債を買うという言葉があります。

その負債とは収益を上げない物のことを言っており、マイホームはまさにこれに該当します。

しかし、『これからは投資しないとお金が増えない?お金を稼ぐために自分の環境を見直そう』で解説しましたとおり、日本人の中で金持ちと言える資産3,000万円超えは、毎月10万円貯金し続けて25年間働くだけでも可能な範囲にあります。

そもそも家賃というのは、例えマイホームを購入していなくとも必ずかかってくる費用ですから、マイホームを購入していようとも金融資産を作ることは普通に出来ますよね。

それならば、家族に住む家を残せるマイホームは買い得と言えるのではないでしょうか?

もちろん買うエリアにもよりますし、マンションとなると少し話も変わってきますが、一戸建ての新築住宅であれば私は買い得だと考えています。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事