売れる営業マンになるため必要なことは、トーク力の前にまず第一印象を良くすることです。

シワシワのスーツを着て、手入れされていない靴をはいているような営業マンの話を聞こうと思うでしょうか?

お客様は「きっと売れていない営業マンだな」と感じてしまい、話をする前から印象が悪くなってしまいます。

これは非常にもったいないことですから、周りから見て売れている営業マンに見えるように、良い物を使って演出しましょう。

私も一流品に頼って売り上げを伸ばした実績があり、社内で一番売れる営業マンになることが出来ています。

今回はスーツを除いて、揃えておくべき5つの持ち物を紹介します。ネクタイ以外は私が実際に購入して使っている物です。

無地と小紋柄のネクタイ

小紋柄のネクタイはマストアイテム

シンプルなスーツ姿にちょっとしたアクセントを入れるのであれば、小紋柄のネクタイが便利です。

印象も誠実に見えやすくなりますから、ビジネスマンなら1本は必ず持っておきましょう。

また、斜め模様の入ったレジメンタルタイが一般的によく使われていますが、レジメンタルは英語で「連隊に属する」という意味を持っており、海外では避けた方が無難ですよ。

無地のネクタイはどのシチュエーションでも使いやすい

どんなシチュエーションでも使える無地のネクタイは数本持っておいて損はありません。

普段使いにはネイビー・グレーなどの、ダークカラーがおすすめです。

勝負どころに赤の無地のネクタイをするトップ営業マンも多く、シチュエーションごとに使い分けられるようにいくつかカラーを準備しておきましょう。

スポンサーリンク

高級ボールペン

一生モノを買うなら:ペリカン(Pelikan)

ペリカン(Pelikan)のスーベレーンはとにかく作りが美しく、職人が手作業で作成している高級ボールペンです。

本社はドイツにあり、スーベレーンはドイツ語で「優れもの」という意味で、ペリカンの中で最上位のシリーズです。

黒、ストライプブルー・ストライプレッド・ストライプグリーンとカラーバリエーションが豊富で、ストライプグリーンが定番カラーとなっています。

ペンの太さによって価格帯も変わり、ここで紹介しているK400は最も細く普段使いしやすいことから、プレゼントなどで送られることも多い商品ですよ。

私は最も太いK800のストライプブルーを使っています。

4000円以内で購入出来て1本目におすすめ:パーカー(PARKER)

パーカー(PARKER)はイギリス発祥の高級ボールペンメーカーです。

イギリスでは、英国王室が認めたサービスや商品を提供出来るブランドに「ロイヤルワラント(英国王室御用達)」という称号を付与しています。

そのロイヤルワラントを2つ授与されており、ハイクラスなブランドなのにも関わらず、安価で購入出来るところがおすすめポイントです。

私が高級ボールペンを持つきっかけになったのは、お客様からこのボールペンを名前入りでプレゼントして頂いたことが始まりでした。

お客様との契約は1度きりですから、そういう場においては一流品を使って演出することも大切だと感じ、2年程使った後に自分でもペリカンのボールペンを購入しました。

腕時計

アップルウォッチ(AppleWatch)

iPadやiPhoneと連携出来るアップルウォッチ(AppleWatch)は、忙しいビジネスマンには便利なアイテムです。

スケジュール管理やメール確認なども出来ますから、わざわざスマホを出す手間が省けますよ。

また、Suicaも対応しているので、通勤時の改札やコンビニでの支払いなどにも利用可能です。

20代から30代のビジネスマンにおすすめ:IWCポルトギーゼ

高級時計の中でも、スーツスタイルに最も合い、かつ目立ち過ぎないのがこのIWCのポルトギーゼです。

価格は80万円ほどしますが、キャリアで一番大事な20代~30代の時期を共にするのに最適な時計だと思います。

私も24歳の時にこの時計を購入し、更に売り上げを伸ばして社内NO.1になりました。

参考記事:『売れる営業マンに最短でなる方法とは?一流品に頼るだけで成績は伸びる

安価でおしゃれな時計:ORIENT(オリエント)

いきなり高級時計に手を出すほど材力が無いという方には、ORIENT(オリエント)がおすすめです。

価格はかなり求めやすいにも関わらず、針が高級時計のブレゲに使われているブレゲ針に似せて作られており、時計内部も見る事が出来るデザインになっています。

機械式時計初心者の方は、ORIENT(オリエント)から始めてみると良いですよ。

名刺入れ

エッティンガーも前述したボールペンメーカーのパーカーと同じく、「ロイヤルワラント(英国王室御用達)」を授与されているブランドです。

グレンロイヤル・ホワイトハウスコックスと合わせて英国御三家と呼ばれることもあります。

内側がパープルカラーの商品が人気で、質感・耐久性も最高で長く使っていけますよ。

初めて高級な名刺入れを購入するのであれば、エッティンガーがおすすめです。

若い人に人気のポールスミスも無難で使いやすい

私が初めて購入した名刺入れはポールスミスでした。

元々好きだったのもあって選びましたが、お客様も比較的知っているブランドで、机の上に置いていたりすると反応されることが多かったです。

この名刺入れは2年程使用して、後輩に譲ったので今は手元にありませんが、非常に気に入っていた持ち物の一つでしたよ。

革靴:REGAL(リーガル)

ライトブラウンカラーのストレートチップ

靴は色々なブランドを履いてみましたが、コストパフォーマンスとブランドイメージの良さはREGAL(リーガル)がダントツでした。

お客様の自宅に上がらさせて頂く際にも、「良い靴はいてますね」と声を掛けられることもあり、2万円台で買えて相手の印象も良くなるという素晴らしい靴だと感じました。

靴は長年使うためにも、少なくとも3足ほど持っておいて使い回すことをおすすめします。

「人を見る時はまず靴を見ろ」という言葉が出回っているように、自分が思っている以上に靴は見られていますから、営業マンであればしっかり手入れをしてある良い靴を履くべきです。

どのシチュエーションにも使える人気モデル

画像のカラーはブラックになっていますが、ブラウンカラーがおすすめです。

日本ではスーツも黒・靴も黒で、毎日お葬式にでも行くのか?というような恰好をしているサラリーマンが多くいますから、そこから少し外れるだけでも違った印象がつきやすいのです。

ブラウン系で3足を使い回しして、しっかり手入れして毎日の商談に挑みましょう。

まとめ:必ず買い揃えるべき5つの物

時計以外を全て買い揃えると、おおよそ10万円ほどかかります。

しかし、それだけで周囲やお客様からの印象が良くなり、営業成績が上がる可能性があるのなら安い投資だと思います。

売れる営業マンになりたいのであれば、清潔感や誠実な印象を相手に与える必要がありますから、それなりに質の良い物を身につけるべきだと私は考えていますよ。

また、何かを買う際には、「お客様から見た時にどんな印象になるか」を常に考えてから選ぶことをおすすめします。

今回紹介した物は、私がお客様から褒められた経験のある物ばかりですので、まずは1つでも手に取って使ってみて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事