こんにちはseiyaです。

スマートニュースやグノシーを見ていると、「投資をして老後の資金を貯めよう」とか「投資で不労所得を得よう」などといった記事をよく見かけます。

いまや平均年収400万円を切る時代ですから、こういう記事に注目が集まって取り上げられるのは必然でしょう。

実際にそれらの記事を読んで見ると、結局のところ"投資をしないとお金は増えないよ"ということが書いてあります。

確かに一里ある内容ではあるのですが、この内容を年収400万円ほどの人達が鵜吞みにして投資を始めても、本当に金持ちになれるのでしょうか?

金持ちになるためには、投資をとりあえず始めるのではなく、まず今の自分の環境をしっかり見直すべきだと私は考えています。

今回はその点について書いていきますね。

そもそも年収400万円で年間いくら投資が出来るのか?

年収400万円の場合、約310万円ほどが手取り額になります。月々約25万円の収入ですね。

この25万円の収入から家賃・通信費・食費などを支払うと、毎月投資に回せるお金はいくら残るでしょうか?

仮に下記のような支出になったとします。

家賃70,000円~85,000円
食費30,000円
通信費10,000円
日用品10,000円
交通費10,000円
水道光熱費15,000円
合計14,5000円~16,0000円
手取り残金95,000円~10,5000円

独身で郊外のアパートに住んでいると仮定して、家賃には少し幅を持たせました。

この表には娯楽費は一切いれておらず、食費も1日1,000円計算ですから、飲み会などに参加すればすぐに支出が増えてしまいます。

これだけ絞ってようやく月々10万円残すのがやっとの状態の家計で、"投資をしないとお金は増えないよ"と言われて、この残った額を投資に回す事が出来るでしょうか?

仮に鵜吞みにして始めたとしても、急な出費などが重なった時にキャッシュフローに限界がきて辞めてしまうと思います。

メディアはこういった現実出来な収支については特に触れず、とにかく金融商品への投資を勧めてきますので注意が必要です。

投資を始める前に、自分の月々の収支を整理するところからスタートしましょう。

スポンサーリンク

まずは投資以外で今より収益を上げる方法を探してみよう

月々10万円投資が出来るかどうか、というのが現在の一般的な家庭です。

先ほどの表は独身前提で作っていますから、子供がいて共働きでない場合はさらに出費が増加します。こうなると、どうやっても資産形成は後回しになってしまいますよね。

年収も思ったほど上がらず、収支は毎月ギリギリになっていると、投資で一発当てて一気に稼ぎたくなる気持ちも分からなくもありません。

しかし、素人が投資で一発当てるよりも現実的な打開策は、より多く給与が貰える会社に転職することや副業に取り組んでみることです。

手っ取り早く収入を増やすのであれば、毎月入ってくる給料を上げる可能性を追ったほうが効率的だと思いませんか?

歩合給シムテムの職業に転職するという手段も考えるべきだと私は思います。また、メディアのライター募集に応募して執筆で稼ぐという副業なども、技術がそこまでなくとも出来るでしょう。

年収がアップすれば節制などせずとも、ある程度のお金はすぐに作れるようになりますし、無理に捻り出さずとも楽に投資に回せます。

「投資」というワードを見ると、どうしても一気に稼ごうという考えになってしまう方が多いのですが、一発逆転のために毎月10万円を捻出する窮屈な生活を過ごす前にもっと見直すべき事があるのではないでしょうか?

あらゆる事に対して「投資」という考え方を持つことが重要

前述したように、投資をする前に自分の環境を見直すことが大切です。

そのうえでなるべく早く「投資をする」という考え方を持つようにしましょう。この場合の投資とは、株式投資だけではなく自己投資も含んでいます。

例えばプログラミングを勉強する為にお金をかけ、それを使った副業をして収益があがれば立派な投資です。

先ほど転職についても書きましたけれど、転職もある種の自己投資と考えていいでしょう。

今の職業スキルだけではなく、全く別の職業を経験する事で、自分の知識や経験値を積むことが出来ます。

転職によって得た知識や経験から、さらにキャリアアップを目指していける可能性も出てきます。

投資の自分に投資して出来ることをどんどん広げ、収入をアップしてから株などの金融商品に投資しても遅くはありません。

目指すべき金持ちとはどれくらいの資産?

金持ちになるためには投資が必須と言われても、具体的にどのラインからが金持ちになるのかを知らないと、目標の立てようがありませんよね。

上記の図はこの手の話をする際にほぼ必ずといっていいほど見かけるデータですが、80%の世帯は金融資産3,000万円未満のマス層に分類されます。

また、別の調査で金融資産が無いと答えた人は3割にも達したそうです。

つまり、資産が3000万円を超えれば、10人中の8人が該当する層から10人中の2人に登りつめる事が出来るのです。

日本国内で上位20%にはいる資産の持ち主となれば、アッパーマス層と呼ばれていようとも、これは十分に金持ちだと言っても良いでしょう。

毎月10万円貯金し続けて25年間働くだけでも、実は金持ちの層に入れるなんて言われたら、案外簡単に思えてきませんか?

さらに貯金と合わせて金融商品への投資をして、毎年の利回りが1%でも2%でも出るようであれば、アッパーマス層への近道になりますね。

まとめ:お金を稼ぐために自分の環境を見直そう

私たちが考える金持ちというと、いま世間を賑わせているZOZOの前澤さんのように、豪遊しているイメージがあります。

しかし、現実的なデータを見るとほとんどの人が3,000万円も持っていない状態で、一般層から抜け出して金持ちの層に入ることは、地道な積み立てでも何とかなってしまいます。

より資産を伸ばすために金融商品への投資が必要だと思ったなら、そのタイミングで始めればいいのであって、投資をするという考え方と金持ちと呼べるラインを把握しておけば、無理に金融商品への投資をする必要はありません。

金持ちを目指したい方は、まずはアッパーマス層へ階層を上げることを目標にして、マス層から脱却しましょう。

実際に金融商品への投資を考えている方には、ロボアドバイザーなどもおすすめです。

参考:『ロボアドバイザーとは何か?利用するメリット・デメリットを紹介

特に、月々1万円から投資を始められるTHEO(テオ)は初心者の方に向いていると思います。

参考:『HEO(テオ)の特徴と登録・口座開設方法を解説

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事