年収が1,000万円あると、派手な生活が出来ると思っている人が少なくありません。

この金額は高収入の基準としては設定しやすく、メディアも記事や番組にしやすいですから、年収1,000万円はお金持ちという刷り込みが日本人にされています。

その反面、「年収1,000万円でも貯蓄ゼロ」「高収入でも生活が苦しい」なんて記事を最近は見かけますね。

正直なところ、これは今の平均年収くらいの人達を慰めるだけの残念な記事です。

一部の無計画な人達の例が元にされているだけですし、こういう話を鵜吞みにしている人はメディアに踊らされていますね。

年収1,000万円あれば、生活レベルも自分で決めることが出来るようになります。

具体的にどんな生活レベルになるのか?実際に稼いだ私が、税金額やライフスタイルの変化について解説します。

年収1,000万円になると大きく変化すること

欲しいと思った物で買えない物はほとんど無くなる

年収1,000万円もあると、貯蓄のことを考えなければ大抵の物は買えてしまいます。

多少ローンを組んでも数年足らずで完済出来てしまいますし、贅の限りを尽くすことが出来るようになります。

このように調子に乗ってしまうと、冒頭で紹介したような「年収1,000万円でも貯蓄ゼロ」「高収入でも生活が苦しい」という残念な状態になってしまいます。

しかし、そんな残念な状態になってしまう人でも、普通の人が何年もかけて貯金して買うような高級時計も一括で買えますし、やはり収入は多い方が人生は謳歌出来ますね。

貯めようと思えば年間400万円以上貯められる

具体的な税金額は後述しますが、年収1,000万円ある人の手取り額は約700~800万円ほどになります。

これは家族構成や、給与とボーナスの割り振り方などでも変わってきますので一概には言えないところです。

仮に手取り700万円とした場合、年間300万円で生活すれば残りは全て貯蓄ですから、約2年半あれば貯蓄1,000万円も可能になります。

月々25万円使っても日本の平均年収と同額の400万円を1年で貯蓄出来るのですから、やはり収入は多いにこした事はありません。

生活レベルを自由に決められるようになる

有名な法則にパーキンソンの法則というものがあります。

これは「支出の額は収入の額に達するまで膨張する」という法則です。

確かに無計画にお金を使っていると、この法則通りになってしまいますが、これは本当にごく一部の無計画な人のみの話になります。

稼げる人というのは大体しっかりと計画性を持っていますし、生活レベルのコントロールが出来るでしょう。

収入が上がることの本当のメリットは、生活レベルを自分で決められるということです。

貯蓄などせずに普通の人では体験できないことにお金を使って刹那的に生きるもよし、しっかり貯蓄をして資産形成をするもよし、お金の使い方に選択肢があるというのはストレスがありません。

スポンサーリンク

稼いだお金を自己投資に回してさらに収入がアップする

全ての高所得者に共通する話ではありませんが、ハウスメーカーの営業職だった私は、稼いだお金を自己投資に回していました。

すでにある程度稼げているからこそ、お金に余裕がある。その余裕のあるお金で良いスーツや見栄えのする時計を購入し、お客様がぱっと見てやり手に思えるように身の回りを整えました。

そうした自己投資のおかげで、翌年は更に売り上げを伸ばすことに成功しています。

具体的な話は『売れる営業マンに最短でなる方法とは?一流品に頼るだけで成績は伸びる』で書いていますので、参考にして下さいね。

実際に使っていた持ち物は『元NO.1住宅営業マンの持ち物を公開|営業マン・ビジネスマンにおすすめする鞄に入れておくと便利な物リスト』で公開しています。

年収1,000万円で支払う税金額は?手取りはいくら?

年収1000万円の税金額

私の源泉徴収票を参考に、年収1,000万円の手取り額と支払う税金額を見てみましょう。

年収10,236,800円ー(源泉徴収税額878,300円+社会保険料等1,205,958円)=8,152,542円が源泉徴収票から読み取れる手取り額ですが、これには住民税が入っていません。

ここから給与から毎月支払っていた住民税の合計496,700円を引くと、本当の手取り額が分かります。

計算したところ、この年の私の手取り額は7,655,842円で、支払い税金額は2,580,958円でした。

年収400万円の人の手取り近くは納税していることになります。

多額の納税をしなければいけなくなりますが、それでも手取りで760万円もあれば十分に貯蓄も出来ますし、多少生活レベルを上げたところで困ることはないのが現実です。

まとめ:無計画に生活レベルを上げなければ十分に裕福である

収入が増えれば使える額も増えますが、どんな年収であろうと収支のコントロールは必須です。

年収400万円も年収1,000万円も同じで、収入の分だけ支出していれば資産は残せません。

収入が多いとお金に関するストレスは減りますし、意識して収支をコントロールすれば資産形成の速度も上がります。

結局のところ、収入は多ければ多い方がよく、精神的にも経済的にも裕福になれるのです。

「年収が高くても色々と辛いんでしょ?なら平均年収で良いや」なんて思っているならば、それは間違った価値観を刷り込まれてしまっています。

今よりも収入を上げて、自分で生活レベルをコントロール出来るフェーズに辿り着きましょう。

お読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事