こんにちはseiyaです。

私は一発屋というワードがあまり好きではありません。

なぜなら、一発すら当てられない人が一発当てて消えていく人を嘲笑する時に使われることが多いからです。

でも、裏を返せば「一発屋」なんて言葉は、視野の狭さと僻みや嫉妬から生まれているんだろうなと思います。

一発でも当てられれば人生は大きく変わる

投資でも起業でも何でも良いのですが、一回でも当てれば人生は激変します。

例えば投資ですが、100万円が3,000万円になったとしましょう。これだけでも人生は大きく変わりますよね。

3,000万円あればローン無しで家を買う事も出来ますし、年3%の配当利回りのある株式に投資すれば年間90万円の不労所得を作る事も可能です。

起業も同じで、一発大きな事業を当てられて上場したり、M&Aをされればたちまち金持ちになれます。

一回大きく成功すると、それには必ずお金が付いてきます。

お金があると何が変わるかというと、自分の人生の可能性が広がって将来の選択肢が増えます。

一発でも当てられれば、それだけで普通の人生を歩むことは無くなるのです。

スポンサーリンク

人を一発屋と笑う奴は一生成功しない

成功した人を見て「あいつは一発当てただけ」と言ってしまっているなら、一度考えなおした方がいいと私は思います。

なぜなら、一発当てた事によるリターンの大きさに目が行っていないからです。

一発当てた結果、人生が大きく変わるということに気付けていない視野の狭さでは、何をしても成功しないでしょう。

また、そこには多少なりとも嫉妬や妬みの感情が付き物です。

日本人は他人を押し上げることよりも、自分と同じところに引きずり下ろそうとする習性がありますから、この習性はすぐにでも断ち切ることをおすすめします。

人生は一回でも当てられれば勝ち

私は仮想通貨投資とブログの事業譲渡で2発当てることに成功しましたが、どちらかだけでも総資産は準富裕層以上になっています。

これは日本の世帯の中でも上位20%以内に入っていますので、一回当てるだけで一般層から抜け出せることが出来るのです。

当てたあとに余程調子に乗らなければ、その先の人生で苦労することは少なくなるでしょう。

他人に何と言われようが、当てた人は色々な面で大きなリターンを得ている事に変わりはないのです。

結局この世の中は何かしら当てたもん勝ちで、当てなければ敷かれたレールの上を走らざるを得ないので、常にチャンスを模索するべきだと思います。

まずは自分が一発屋になれるように視野を広く持とう

一発も当てずに凡人として一生を終わるくらいなら、一発でも花を咲かせて好き勝手に生きられる人生の方が良いと思いませんか?

その為には、日頃からチャンスを探す事を意識しましょう。

去年の私は仮想通貨の将来性に目を付けてすぐに500万円を投資し、合わせてブログでも稼げると判断してすぐにブログを作成しました。

そのチャンスを逃さなかった行動の結果として、いまのアーリーリタイア状態を手にしています。

私も所詮は一発屋ですが、その一発のおかげで20代で好き勝手に生きられる人生に変わりました。

大きく稼げるチャンスは、人生で必ず訪れます。

そのチャンスを逃さないためにも、僻みや嫉妬の感情を捨てて、視野を広く持つようにする事をおすすめします。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事