レンタルサーバーで簡単に設定出来るようになったSSL化ですが、ブログ内の問題により"接続が完全に保護されない"という事態が起きることがあります。

当ブログも設定をしていますが、何故か"このサイトへの接続は完全には保護されていません"と表示されてしまい、解決方法を探していました。

どこに問題があるのか調べてみたところ、どうやらサイト内の画像URLが原因のようでしたので修正してみると、無事解決したので修正方法を共有しようと思います。

初心者の方でも簡単に直せますから、これから解説する手順を真似してみて下さいね。

SSL化とは?完全に保護されないと何が問題なの?

ブログの始め方記事などを参考にして、とりあえずSSL化をした方は少なくないと思われますので、まずSSL化について触れておきます。

以下、引用です。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上におけるウェブブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化し、送受信させる仕組みのことです。
インターネット上で頻繁に送受信される氏名・住所・メールアドレスなどの個人情報や、ショッピングの決済に必要なクレジットカード情報、ログインに必要なID・パスワードといった情報は、常に悪意ある第三者から狙われております。
SSLは、これらの重要な情報を、悪意ある第三者による盗聴を防いだり、送信される重要な情報の改ざんを防ぐ役割を持っています。

引用:Globalsign

要約すると、設定していないと重要情報を抜き取られるリスクがあり、アクセスしてくれる読者の方にも危険が伴う可能性があるということですね。

設定されていないサイトもまだ見かけますが、個人ブログなどを運営している方はサーバーで簡単に設定出来ますから、必ずSSL化をしておきましょう。

スポンサーリンク

SSL化しているのに警告メッセージが出てしまう

当サイトも問題なく保護されていると思っていたのですが、よくよく見てみると保護マークが付いておらず、警告表示を確認すると「このサイトで目にする画像」に原因がありそうだと分かります。

保護されているかの有無は、URL横に南京錠のようなマークがついているかで判断出来ますよ。

サイトレイアウトをカスタマイズした後などには、保護の状態を確認しておく事をおすすめします。

原因の見つけ方と修正方法

検証からMixed Contentを探す

まずはGoogleChromeで検証して、原因を探します。

検証画面のConsoleをクリックすると、Mixed Contentという欄が出てきました。

この欄にあるURLを見てみると、httpsとhttpが混在しているのが確認出来ます。

これがSSL化しているのに完全に保護されない原因だという事ですね。

カスタマイズから混在を修正する

URLがhttpsに変更されていない画像はConsolで確認済みですから、カスタマイズのメインサイドバーから変更を行います。

既に記入されているURLにSを追加して公開するだけですので、特に難しい変更はありませんよ。

最後に保護状態を確認して修正が完了

再度確認すると、"接続は保護されています"と表記が変わり、アイコンも南京錠になりました。

今回はトップページだけ修正しましたが、ページごとでも保護されていない場合もありますから、一度確認してみましょう。

外部ツールを使ったり、アフィリエイトのバナーをそのまま利用していると、稀に保護されない場合がありますので注意が必要ですよ。

スポンサーリンク
DIVERを使って集客力の高いブログを作ろう

DIVERを使えば、初心者でも簡単におしゃれなブログが作れます。

ボタンや囲い枠など、記事を書く際の入力補助も多数搭載済みで、設定の手間がかかりません。

購入者には公式から無料の無期限サポートが付いてくる最強のテーマです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事